コンピュータグラフィックス基礎

講義概要

可視化技術やメディア産業などで使われるコンピュータグラフィックス技法の基本的な考え方および、生成手法と表現方法について講義を行う。また,2DCGおよび3DCGの概要を解説し,2DCGおよび3DCGの基本的な開発技術を学習する。CGは,GIMP(2DCG)およびPOV-Ray(3DCG)を用いて作成を行う。
前半クラスは11月22日より別クラスへ移動となる。
2D(安岡)➡3D(松下)
第一回の授業はガイダンス解説、2回~8回目が前半クラス、9回~15回が後半クラスとする。 

本講義はaクラスとBクラスに分かれて8講義目で入れ替え授業となる。

到達目標

メディア分野の応用について理解する能力と関連分野の基礎知識を学ぶ。(知識・理解)
また,2DCGおよび3DCGの概要を理解し,基本的な2DCGおよび3DCGの作成技術を習得し,高度かつ専門的なICTの知識及び技術を身につける。(態度・志向性)

講義計画 後半クラス [Ab,Baクラス(担当安岡)]

Webclassに、ログインして重要な教材資料を見てください。(履修登録者限定)
また資料を読んで指示に従ってください。

    第❶講 11月22日【2DCGの画像情報と視覚表現 】

    動画再生リスト(GIMPでアニメ作成) 動画再生リスト(Photoshopでアニメ作成)

    • 2D-CG   GIMP(Ver2.10,Ver2.8どちらでも可)についての操作と表現可能なツールの解説
    • 01 (2DCG基礎 はじめてのGIMP操作 )
    • 02(簡単パラパラアニメーションを作ろう )

      GIMPの加工/編集/操作(基本操作がGIF動画で解説:明治大学)

    第❷講 11月29日【画面構成と黄金比・色彩・色と光の三原色】

    • アニメーションのカット割り静止画をトレース(敷き写し) (データをダウンロード)
    • 04(GIMPでトレース )
    • GIMPを用いた簡単な表現1
    • 【動作シミュレーション】
    • (3.4コマの描画アニメーション)
    • 線描画、テキストアニメーション、図形アニメーションも可  

    第❸講 12月6日【画像情報の扱い・画像の加工とデザイン】

    第❹講 12月13日【2DCGの設計と表現】

    • GIMPを用いた 様々な表現技法を学ぶ
    • 写真を使ったアニメーションや素材を使用したアニメーション
    • 06(おばけ表現を使用した迫力や臨場感を与えるアニメーション①)
    • 07 (おばけ表現を使用した迫力や臨場感を与えるアニメーション②)
    • 08 (GIMPで画像処理,解像度,画像の部分選択「コラージュ(画像合成)方法」)

    第❺講 12月20日【様々な2DCGアニメーション表現】